199年目 3冠挑戦、2歳GI連勝、上位独占

  • 2020.02.19 Wednesday
  • 18:23

次の馬は、前年に阪神JFとホープフルSを連勝した牝馬で、3歳ではクラシック3冠を目指したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホープフルSの後は共同通信杯2着で、3月1週に放牧させ 3月5週に入厩しました。

 

 

皐月賞を勝ったら放牧に出すので、仕上げすぎを怖れずに調教しました。

 

 

 

皐月賞は4番人気でしたが、強敵はドゥラメンテ エイシンフラッシュ アドマイヤムーン なので、十分勝算あり と見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧勝でしたね😄

 

 

パラメータは十分上がりましたので、ダービー制覇への期待が高まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月4週に放牧に出し、5月4週に入厩しました。

 

 

皐月賞は仕上げないと勝てないし、でも ダービーまで調子が持つか分からない ということで、前回の3冠挑戦では皐月賞後に放牧に出すというやり方で、上手くダービーを勝てました。

 

 

今回も、そのやり方で 二匹目のドジョウを狙います。

 

 

しかし、結局 次の週の5月5週に調子が上がるかどうか、非常に不確定要素が多いですね。

 

 

そして、その不安が現実化し、調子を上げることができませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大した強敵がいないので、本当にもったいないことをしました。

 

 

しかも、何でナカヤマフェスタがダービーを勝てるの!?と、非常に腹立たしい気持ちでしたね。

 

 

ということで、3冠の目標は終わってしまいましたが、調子が上がれば、菊花賞は勝てるのではないかと思い、菊花賞制覇を目指しました。

 

 

調子が上がったら、宝塚記念を勝てるのかなぁ と思って出走させましたら、なんと1番人気でした😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか 大楽勝するとはビックリしました😄

 

 

 

こうなると 凱旋門賞ですね。

 

 

歯が立たないと思いつつも、挑戦させることにします。

 

 

しかし、菊花賞へ行くべきなんですよね😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月2週に放牧に出し、9月2週に入厩しました。

 

 

調子は上がりましたが、なんとか間に合った感じなので、輸送でベスト体重から2垳困砲覆辰討靴泙い泙靴拭

 

 

ただでさえ大敗しそうなのに、これではダメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、凱旋門賞に出しても無駄ということで、出走させない時がちょくちょくありますが、なんとか5着以内に入らないか と、欲を出してしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凱旋門賞の後は、天皇賞(秋) ジャパンカップ 有馬記念 を走りました。

 

 

ジャパンカップの後に調子が落ちてしまいましたが、有馬記念前に調子が上がり、この3戦で素晴らしい成績を残してくれました😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋古馬3冠を連勝しました。

 

 

1番人気のダイワスカーレット ウォッカ オルフェーヴル を倒し、特にオルフェーヴルに圧勝したのは最高でした😄

 

 

それにしても、凱旋門賞と他のレースの差が大きすぎて、この先が思いやられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬は、阪神JF ホープフルSを連勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東スポ杯を勝って、6戦全勝で阪神JFに臨みました。

 

 

 

 

1番人気はハープスターでしたが、大楽勝でした😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超早熟なので、スピードがAまで上がっていました。

 

 

スタミナEなんか関係ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして ホープフルSですが、今度はこの馬が ゴールドシップに大楽勝しました😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードAまで上がれば、怖いものなしなんですね😄

 

 

これで 2歳G気鯱⊂,靴泙靴燭里如■該个任魯ラシック3冠を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

あと、フェブラリーSとヴィクトリアMで上位独占しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上位独占できるのは この2レースぐらいですが、やはり気持ちいいですね😄

 

 

 

 

 

199年目 種付け、出産

  • 2020.02.15 Saturday
  • 15:47

次の馬はGIを3勝して、エリザベス女王杯連覇とヴィクトリアMを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有効な因子があまりないですが、ダルシャーンから ダイワメジャーと見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ダルシャーンで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親のパラメータから、ダルシャーンがずいぶんと押し上げてくれました。

 

 

だから、ダルシャーンは大好きです😄

 

 

この馬は、GIを8勝してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを7勝して、マイルCSの連覇がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのキングカメハメハから よくできたのアイルハヴアナザーへ繋ぎます。

 

 

有効な因子がたくさんあるので 楽しみでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父キングカメハメハで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、母親のパラメータから だいぶ上がったので、さすがキンカメですね😄

 

 

この馬は、GIを13勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを7勝して、クラシック3冠馬になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのリダウツチョイスからノーアテンションと見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡馬が2頭続いていましたが、やっと牝馬の誕生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牝馬を心待ちにしていましたが、大したパラメータではないですね。

 

 

この馬は、朝日杯と4歳でマイルCSを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを2勝で、秋華賞とフェブラリーSを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前年にオペラハウスを種付けして 牝馬が産まれたのですが、スピスタ根CDB だったので、また付けました。

 

 

カツラノハイセイコから よくできたのギャロップダイナとトウショウボーイへ繋ぎました。

 

 

よくできたのトウショウボーイに繋がるので、カツラノハイセイコにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父カツラノハイセイコで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、前年に産まれた牝馬とパラメータがあまり変わらず、ガッカリです。

 

 

そして、姉妹揃って GI未勝利でした😥

 

 

 

198年目 天皇賞(秋)連覇と2歳GI連勝

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 17:01

次の馬は、前年の4歳時に 天皇賞(春)(秋)を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇賞(秋)を勝った後は、チャンピオンズCと日経新春杯を勝ち、2月3週に放牧に出しました。

 

 

そして 3月3週に入厩して 調子が上がり、1番人気で大阪杯を走りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリームジャーニーとキタサンブラックの強敵がいましたが、危なげなく逃げ切りましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の天皇賞(春)と宝塚記念は、連対を外さないと思っていたのですが、3着と7着とは予想外でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚記念後は、中京記念を勝って 9月1週に放牧に出しました。

 

 

前年の天皇賞(秋)は次の通りですが、6番人気ながら 強敵3頭を倒しました。

 

 

しかも 鞍上が柴田善臣です😄

 

 

2着のうちの馬は、強いのですが 本当に勝ちきれない馬でした😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月1週に入厩して、天皇賞(秋)は3番人気でしたが、1番人気がフェノーメノ 2番人気がうちの勝ちきれない馬ですので、この馬が勝つかな と見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽勝でした😄

 

 

これで、天皇賞(秋)連覇を達成しました。

 

 

こうなると、天皇賞(春)も勝ちたかったなぁ と思いますね😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続くジャパンカップはオルフェーヴルに完敗でしたが、有馬記念はダイワスカーレットを倒して 勝つことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタミナDですが これだけ勝てるのは、トウショウボーイの非凡な才能の天馬行空があるおかげですね😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬は、2歳GIを連勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早熟でスピードAですから、2歳GIだけでなく クラシック3冠も狙いたいところですね。

 

 

阪神JFは、ブエナビスタが出てきましたので 不安でしたが、大楽勝でした😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホープフルSは、アドマイヤムーンが1番人気で ちょっと怖かったですが、うちの馬の方が強敵でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、阪神JFとホープフルSを勝ちましたので、クラシック3冠を目指したいと思います。

 

 

ただ、スタミナが低いのは不安に思いました。

 

 

 

198年目 種付け、出産

  • 2020.02.07 Friday
  • 19:13

次の馬は、秋華賞とフェブラリーSを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オペラハウスから よくできたのカーリアンへ繋ぎます。

 

 

よくできた配合のカーリアンは あまり見ないので、楽しみです。

 

 

しかし、安定Cで☆4のオペラハウス産駒のパラメータは、見るのが怖いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父オペラハウスで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまず、このパラメータで安堵しました。

 

 

でも 結局、G兇鬘仮,靴燭世韻能わりました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを7勝で、天皇賞(春)とエリザベス女王杯を連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのケープブランコから 見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ケープブランコで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータは良くないですが、母の非凡な才能を引き継げました。

 

 

GIは5勝しましたが、面白いことに 発揮条件に当てはまらない距離のレースだけ勝てました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを7勝で、クラシック3冠馬になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのリダウツチョイスから、ノーアテンションと見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父リダウツチョイスで産まれたのは牡馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前年に続いて、また牡馬が産まれてしまい残念です。

 

 

前年に産まれた牡馬には非凡な才能があったのですが、入厩馬がいっぱいなので、その非凡な才能持ちを売りました。

 

 

私が牡馬を嫌っているのを 改めて申しますと、最初に与えられた繁殖牝馬と最初の時期に購入した繁殖牝馬の牝系を残していくからなのと、パラメータが同じでも 牝馬の方が強いと思うからです。

 

 

性別の産み分けを、非常に待ち望んでいました。

 

 

 

197年目 種付け、出産

  • 2020.02.03 Monday
  • 16:56

次の馬は、ヴィクトリアMとチャンピオンズCを勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドシップに有効な因子が2つあって、見事のホッコータルマエに繋がりますので決めました。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ゴールドシップで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタミナ根性が低いですが、スピードAで嬉しいです😄

 

 

ですが、GIはエリザベス女王杯3着が最高でした😥

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを7勝しまして、安田記念連覇と何故かホープフルSを勝てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有効な因子はないですが、ダルシャーンから見事のレイデオロへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ダルシャーンで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダルシャーン産駒は、面白い配合でも よくこのパラメータが産まれるので好きです。

 

 

このパラメータで 成長タイプが6メモリなので、ありがたいですね。

 

 

6歳7歳でGIを勝てませんでしたが、6勝と2着が11回ありました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬は、NHKマイルCと秋華賞を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のホッコータルマエから見事のニホンピロアワーズへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ホッコータルマエで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードBの分、母親よりいいかな という感じです。

 

 

これも6メモリなので、ありがたいです。

 

 

この馬はGIを6勝しましたが、7歳で2勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを7勝しまして、クラシック3冠を初めてプレゼントしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのリダウツチョイスから、ノーアテンションと見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

これだけ実績のある馬ですから、今なら 完璧な配合を探す努力をすると思いますが、有効な因子がそこそこありますので、この時は これにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父リダウツチョイスで産まれたのは牡馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡馬で このパラメータなら売るところですが、母母が持っていた ニホンピロウイナーの非凡な才能である威風が隔世遺伝しましたので、ひとまず育てます。

 

 

 

ドリームボールで当たった 初めての種付け権

  • 2020.01.30 Thursday
  • 01:10

前回と今回のドリームボールで、2個の初めての種付け権が当たりました。

 

 

サザンへイロー1994とカラムーン1974です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サザンへイローは、サトノダイヤモンドの母方に入っていることで 知っていますが、アルゼンチンで7年連続でリーディングサイヤーになった凄い種牡馬だったのですね。

 

 

実績安定がAは当然です。

 

 

非凡な才能は、絶好調時のみと確率が80%なので 制限がありますが、使えるGIが多いので良いですね。

 

 

 

 

 

カラムーンは、トニービンの祖父なんですね。

 

 

9歳で亡くなったこともあり、87頭しか産駒がいなかったのに、5頭のGI馬を出して、孫世代にトニービンがいるのですから、長生きしていたら 大変な種牡馬になっていたかもしれませんね。

 

 

安定がAでいいのではないかと思います。

 

 

非凡な才能は、条件が緩いので良いですね。

 

 

 

 

現在いる繁殖牝馬を使って 配合理論補助で調べたところ、ゼダーン系のカラムーンは 次に見事の配合がけっこう出てきましたので使えますね。

 

 

 

この2つは確率は低くかったですが、4等で出たので お得でした😄

 

 

 

196年目 初めての凱旋門賞出走、天皇賞(春)連覇、ナシームに売却

  • 2020.01.26 Sunday
  • 19:01

次の馬は、初めて凱旋門賞に出走してくれた馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒヤシンスSからフィリーズレビューを連勝して、オークスを目標に 3月4週に放牧へ出します。

 

 

4月3週に入厩して、NHKマイルCからオークスを走らせました。

 

 

 

NHKマイルCは4番人気で、ジャスタウェイとメジャーエンブレムの強敵がいますので勝てるとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接戦でしたが、何とか逃げ切れました。

 

 

次のようなパラメータで、よく勝てましたね😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続くオークスは2番人気で、相手がシンハライトとフサイチパンドラなら、安心して見ていられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧勝でした😄

 

 

目標にしたオークスを勝てて良かったです。

 

 

この後は調子が落ちましたが、宝塚記念には調子が上がって、走らすことができました。

 

 

これを勝てば 凱旋門賞に出れるわけですけど、7番人気なので、全く凱旋門賞のことは思っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝っちゃいました😄

 

 

強敵がルーラーシップぐらいなので 相手に恵まれましたが、トウショウボーイの非凡な才能のおかげなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、凱旋門賞に初めて出走させることができます😄

 

 

とは言っても、この程度のパラメータでは勝てるわけないですね😄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚記念後は調子が落ちたこともあり、レースを使わず 8月2週に放牧に出しました。

 

 

 

 

9月2週に入厩して 併せ調教で根性を上げようとしましたが、Bまで上がりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、馬体重が減ることを考えずに、前走より6圓盡困蕕靴討靴泙い泙靴拭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17番人気で11着なら善戦した方かもしれません。

 

 

初めての凱旋門賞が終わりましたが、スピスタAAかABでなければ 勝負にならないのでしょうね。

 

 

この後も いろんな馬を凱旋門賞に出走させますが、みんな大敗です。

 

 

大敗覚悟で走らせているので、何の意味もないのですが、走っていいと言うなら走ってやるか、という感じでやっています。

 

 

この後は、天皇賞(秋)とチャンピオンズCに走らせて、次のような成績でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬は、4歳時の前年に天皇賞(春) 天皇賞(秋)を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前年は相手に恵まれた感じですが、この年の大阪杯はダイワスカーレットが出てきました。

 

 

3番人気で、1番人気がダイワスカーレット、2番人気がうちの牧場の宝塚記念と有馬記念を勝った馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイワスカーレットの追い上げを凌ぎきって勝てました。

 

 

 

そして 連覇のかかる天皇賞(春)は、強敵はうちの牧場の馬という感じなので、どちらが勝ってもいいやと、安心して見ていられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧勝でした😄

 

 

それにしても、オークス 天皇賞(春)連覇 天皇賞(秋) を勝っているので強い馬ですが、相手に恵まれて 非常にツイている馬でした。

 

 

ちなみに この馬は、この後 GIを勝てなくて、天皇賞(秋)は10着でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の馬をナシームに売りました。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

GIを5勝して、朝日杯 NHKマイルC ダービー 菊花賞 天皇賞(秋) を勝ちました。

 

 

ちなみに、皐月賞は2着です😥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妥当なのか 分かりませんが、自家製種牡馬として使わないので、十分ですね。

 

 

 

196年目 種付け、出産

  • 2020.01.23 Thursday
  • 16:29

次の馬はGIを3勝で、マイルCSを連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのタピットから キングズベストへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父タピットで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードAが産まれました😄

 

 

スタミナと根性がDなのは残念でしたが、GIを6勝してくたので良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを11勝してくれて、ヴィクトリアMと安田記念を連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミホノブルボンから 見事のホッコータルマエへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ミホノブルボンで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータがもっと良いに越したことはないですが、成長タイプが5メモリですし、私の好きなパラメータです。

 

 

この馬は、GIを4勝して 天皇賞(秋)を勝てたのですが、5歳以降は勝てなかったのは予想外でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを4勝しまして、桜花賞と秋華賞勝ちがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのナリタブライアンから エンドスウィープへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ナリタブライアンで産まれたのは牝馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母よりも根性が上がって良かったです。

 

 

そして、ダービーを勝ちました😄

 

 

でも GI勝ちは、その1勝だけでした。

 

 

 

 

 

 

 

次の馬はGIを2勝しまして、NHKマイルCと秋華賞です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事のホッコータルマエから 見事のニホンピロアワーズへ繋ぎます。

 

 

その後は、改めて調べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ホッコータルマエで産まれたのは牡馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタミナがDですので 売るところですが、母より非凡な才能を引き継いだので育てます。

 

 

 

 

 

195年目 古馬相手に強い3歳馬と天皇賞(春)(秋)制覇

  • 2020.01.19 Sunday
  • 19:45

次の牡馬はNHKマイルCを勝てたのですが、クラシックは連対できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日杯3着、皐月賞4着、ダービー3着、と善戦はしていますが、もうひとつ弾けませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダービー後は調子が悪くなりましたが、宝塚記念には調子が上がり、2番人気になりました。

 

 

強敵はエイシンフラッシュだけなので、ひょっとして と思いましたが、厳しいだろうなぁ と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか 勝てるとは、ビックリしました😄

 

 

ダービーまでの状況を見ると、宝塚記念を2番人気で勝つとは、思いもしませんでした。

 

 

非凡な才能の怪物と、スピードがBまで上がったのが勝因なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、菊花賞は勝てるだろうと自信満々だったのですが、以下のように ナカヤマフェスタにも負けてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊花賞後は調子が落ちてしまいましたが、ジャパンカップでは調子が上がり、ジャパンカップと有馬記念を走らせようと思いましたが、 期待はしていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォッカに離されましたが、満足な結果です😄

 

 

有馬記念は2番人気で、1番人気のルーラーシップさえ倒せば良い という感じなので、楽な戦いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽勝でしたね😄

 

 

 

クラシックは連対できないのに、宝塚記念1着 ジャパンカップ2着 有馬記念1着、と素晴らしい成績でした😄

 

 

 

この成績なので 次の年の4歳は非常に期待しましたが、GIを勝てなくて、天皇賞(春) 宝塚記念 天皇賞(秋) ジャパンカップ が2着でした。

 

 

不思議な馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の牝馬は、3歳時にオークスとエリザベス女王杯を勝ちまして、この年の4歳時に天皇賞(春) 天皇賞(秋) を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースを使いながら 賞金を稼いで、天皇賞(春)を目指しましたが、フェブラリーS 阪神牝馬Sが10着 2着 となり、想定外でした。

 

 

距離が短いので、当然と言えば 当然なんですが。

 

 

成績が良くないので、天皇賞(春)は諦めていましたが、1番人気でビックリしました😄

 

 

そして 大した馬がいませんので、勝てそうな気分になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に勝てました😄

 

 

非凡な才能の英雄豪傑のおかげですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の宝塚記念も期待しましたが、7着となり、そんなには強くないですね。

 

 

 

 

秋は、毎日王冠を叩いて 天皇賞(秋)を目指しました。

 

 

毎日王冠4着から、天皇賞(秋)は万全な態勢で1番人気になり、そして ロクな相手がいませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大差の楽勝でした😄

 

 

相手に恵まれましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、ジャパンカップまで調子が持つか分かりませんでしたので、エリザベス女王杯を走らせました。

 

 

これも楽勝でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調子が落ちましたが、有馬記念には調子が上がり 走らせましたが、前出の馬に楽勝されました。

 

 

ここまで この馬はGIを5勝していますが、大敗も多いので あまり強さを感じないのですが、天皇賞(春)(秋)の勝利は立派でした。

 

 

次の年の5歳でも、GIを2勝してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

1/17〜21 宝馬祭(目玉はハイトップ1972とバステッド1967)

  • 2020.01.17 Friday
  • 19:09

 

 

 

 

 

また 珍しい系統の種付け権が欲しいなぁ と思っていたところでしたので、久しぶりの宝馬祭が嬉しいです。

 

 

10回抽選を5回やりました。

 

 

確定枠以外45回中、☆5は4個出ました。

 

 

確率が10%なので 妥当ですね。

 

 

 

そして、目当ての新しい種付け権は4個出ました。

 

 

 

目玉の ハイトップ1972 バステッド1967と、モンテプリンス1982 トゥルーナイト です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテプリンスは だいぶ前から名前を見ていましたが、やっと出た という感じです。

 

 

トゥルーナイトのカーレッド系なんて、初めて見ました。

 

 

ハイトップとバステッドの非凡な才能は、当てはまるレースで必ず発揮されるので良いですね。

 

 

 

現在いる繁殖牝馬で見てみますと、どれも 完璧な配合か見事な配合が出てきますので、良いラインナップが増えて良かったです。

 

 

次の種付けが楽しみです😄