5/23〜27、6/6〜10 リーディングオーナーズ

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 19:13

先月下旬のリーディングオーナーズは、最終日の20時半で40億を越えて、そこでやめました。

 

 

結果は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグモグパクパクを5個もらえて満足です。

 

 

 

 

 

 

今月のリーディングオーナーズは、久しぶりに50億を目指して頑張りました。

 

 

結果は、以下の通り50億越えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーディングオーナーズの間に、おむすび獲得チャレンジというのがありましたが、最初はどうでもいいと思ったのですが、秋桜色のお守りをもらうのにハードルが低そうなので、途中からクリアを目指しました。

 

 

 

時間的に、資金30億を稼ごう が精一杯の感じだったのですが、これで終わりでクリアできるだろう と思ってゲームをやりました。

 

 

しかし 薄々、資金50億を稼ごう が最後の目標かなと感じながら、制限時間の12分前に30億を越えました。

 

 

そして、ヨッシャーと思いながらリミテッドチャレンジを見ましたら、やっぱりでした😥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし その甲斐もあって、10日の0時過ぎに50億を越えました。

 

 

75億を越えても、あまり報酬が増えないので、ここでやめました。

 

 

私の進行スピードから、あと25億を稼ぐのは大変なので、目標到達できて満足です。

 

 

 

 

181年目種付け、そして出産

  • 2019.06.10 Monday
  • 17:24

この馬は、ルアーヴル×ダンシングブレーヴの母親にドリームジャーニーを付けた繁殖牝馬です。

 

 

GIは勝てませんでしたが、秋華賞 ヴィクトリアマイル エリザベス女王杯の2着がありました。

 

 

見事のホッコータルマエから、見事のニホンピロアワーズへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ホッコータルマエから産まれたのは牝馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十分なパラメータで満足です。

 

 

晩成型なのも良いですね。

 

 

早熟型もいなくては困りますが、末長く活躍してくれるのが好きですね。

 

 

 

 

 

次の馬はGIを15勝して、4歳時に芝短距離とダートを全勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペンドアバックから 見事のエピファネイアに繋げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父スペンドアバックから産まれたのは牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピスタ根BCCなので育てます。

 

 

同じパラメータなら、牡馬よりも牝馬の方が強いと思いますので、追撃などで牝馬のサポートをしてもらって、ツイていればGIを勝ってもらいたい、という考えでやっています。

 

 

 

 

 

次の馬はGIを16勝して、天皇賞(秋)と大阪杯を3連覇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アグネスタキオンから よくできたのエスケンデレヤに繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父アグネスタキオンから産まれたのは牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもBCCなので育てます。

 

 

2頭目なので、牡馬はもう十分です。

 

 

 

 

 

次の馬はGIを勝てなくて、NHKマイルCとオークスが2着でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのロジユニヴァースから見事のナカヤマフェスタと見事のナチュラリズムに繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ロジユニヴァースから産まれたのは牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータが低いので売ります。

 

 

そして、2年続けてロジユニヴァースからはパラメータの良い馬が産まれないので、次の年の種付けは他の種牡馬にします。

 

 

 

 

 

次の馬はGIを1勝で、秋華賞を勝ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできたのケープブランコから 見事のスプリットフィンガーへ繋ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父ケープブランコから産まれたのは、またしても牡馬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラメータが低いので売ります。

 

 

それにしても、この年は4頭も牡馬が産まれました。

 

 

この時は秋桜色のお守りがなかったので、繋いできた繁殖牝馬を潰さなければいけないかとヒヤヒヤしていました。

 

 

運営さんに、性別の産み分けを出来るようにするか、繁殖牝馬の柵を拡げてくれないか、とよくお願いをしていました😄

 

 

それにしても ランダムとはいえ、5頭中4頭が牡馬は酷いです😄

 

 

 

超海外凄馬記念(目玉 ニジンスキー1970)

  • 2019.06.07 Friday
  • 23:16


 

 

 

 

 

もう だいぶ経ちますが、久しぶりに超凄馬記念をやりました。

 

 

目玉はニジンスキーなので欲しかったですね。

 

 

 

150回やり、☆5は46個出ました。

 

 

確定枠を除くと、135回で☆5は31個出ましたので、確率は23%で満足です。

 

 

 

初めての種牡馬は、カリフォルニアクローム、エルグランセニョール、ピンズ、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリフォルニアクロームは、実績安定Aで良いですが、非凡な才能はチャンピオンズCとBC用ですね。

 

 

 

エルグランセニョールも実績安定Aと距離の範囲が広いので良いです。

 

非凡な才能も、いくつかのGIで使えますね。

 

 

 

ピンズは非凡な才能がありませんが、トムフール系でいろんな系統が入っているので、使い勝手が良いのではないでしょうか。

 

現在 繁殖牝馬が2頭しかいないのですが、調べてみると、ピンズとは2頭とも面白い配合で、その後は よくできたと面白い配合が多くありますから、やはり使い勝手が良さそうです。

 

 

 

 

種牡馬リストの並び順なんですが、レア度順は 今までニホンピロウイナーから始まる入手順だったのに、今は ディープインパクトから始まる順番になってしまって、順番が変わったせいで、種牡馬を探すのが面倒くさいです。

 

 

入手順にすると、☆が関係ない完全な入手順になってしまうので、元に戻して欲しいです。

 

 

あと、☆5の種牡馬が増えすぎたのも探すのに苦労するので、20頭や30頭などで分けてもらいたいです。

 

 

ということで、意見とアンケートでお願いしてみました。

 

 

 

第69回安田記念 予想キャンペーン結果

  • 2019.06.02 Sunday
  • 18:43

ルメールが負けて良かった と思ったら、ロジクライがすごくヨレてきたのですね。

 

 

まぁ、ルメールは自分がしょっちゅうやっているからいいとしても、川田騎手はしょっちゅうやられて かわいそうですね。

 

 

あと、投票したペルシアンナイトも影響があって残念でした。

 

 

インディチャンプは、マイラーズCを4着だったので舐めてしまいましたが、あらためて新聞を見ると、調教は絶好調のようですね。

 

 

せっかく人気馬を切ったのだから、こういう馬を拾えると競馬で稼げるのに、本当に下手くそですね😄

 

 

 

 

 

安田記念よりも私の興味は、土曜日の阪神新馬戦でした。

 

 

POG1位指名馬のリアアメリアが出走し、とんでもない楽勝をしてしまいました。

 

 

川田騎手が意識的に出遅れて、その後 抑え込まれたせいか、リアアメリアが嫌々してヒヤヒヤものでしたが、折り合った後は馬なりで先頭に立って後続をどんどん引き離して、川田騎手は手を動かさず、1秒3差の8馬身差でゴールしました。

 

 

タイムは1分36秒5で、東京競馬場と違って阪神競馬場はタイムがかかるので、水準以上のようです。

 

 

ちなみに、今日の東京競馬場の新馬戦は、勝ったサリオスのタイムが1分37秒1でした。

 

 

リアアメリアは、牧場の時から スピードの絶対値が違う と言われてきましたので、このレース結果は、まさしく その通りということだと思います。

 

 

私は、負かす馬がいるのかな というレベルだと思っていますので、みなさんも一度動画で見ていただきたいと思います。

 

 

 

第69回安田記念 予想キャンペーン

  • 2019.06.01 Saturday
  • 18:30

 

 

 

 

 

いまだに、ダノンチェイサーがルメールに怪我をさせられたことを恨んでいますので、ルメールに勝たせたくありません。

 

 

そして、川田騎手とダノンプレミアムには、ダノンチェイサーの仇を討って欲しいですが、最終追いが緩いので切ります。

 

 

 

 

投票したのは、ペルシアンナイトです。

 

 

ここ10年の勝ち馬を見ると、1、2番人気と7〜9番人気なんですね。

 

 

人気を見ましたら、7〜9番人気は、ペルシアンナイト フィアーノロマーノ モズアスコット でしたので、この中からデムーロ騎手が乗るペルシアンナイトに決めました。

 

 

くだらない選び方ですが、一流騎手で人気のないGI勝ち馬なら面白いと思います。

 

 

  

ルメールの隣が川田騎手とデムーロ騎手なので、何か起きるかな と、ちょっと楽しみです😄

 

 

 

 

第86回日本ダービー 予想キャンペーン結果

  • 2019.05.26 Sunday
  • 23:50

それにしても、京都新聞杯2着の馬が勝つんじゃ、お手上げですね。

 

 

サートゥルナーリアの敗因は、よく分からないようですが、距離と気性なのでしょうね。

 

 

ロードカナロア産駒に2400辰蓮▲◆璽皀鵐疋▲い世韻もしれません。

 

 

気性に関しては、兄が3歳春に酷かったのですから、しょうがないですね。

 

 

秋のローテーションは、天皇賞(秋)とジャパンカップを走ると思いますが、距離が持つのか、ジャパンカップが楽しみです。

 

 

 

 

そして、クラージュゲリエには奇跡は起きませんでした。

 

 

デムーロ レーン アヴドゥラ の誰かが乗っていればどうなっていたか、見たかったです。

 

 

私たちのPOGは宝塚記念の週まで続くのですが、これで5人中3位が確定です。

 

 

2勝以上した馬が3頭も故障しましたので、非常に不運な年でした。

 

 

 

第86回日本ダービー 予想キャンペーン

  • 2019.05.25 Saturday
  • 17:52

 

 

 

 

 

 

とうとうダービーの週がやってきましたが、昔はダービーといっても、GIのひとつとしか思っていませんでした。

 

 

POGをやり始めたら、1年の総決算の気持ちになりますね。

 

 

そして ダービーの投票は、サートゥルナーリアにしました。

 

 

皐月賞を全勝で勝って、断然の1番人気なら、普通はダービーも勝つでしょう と思います。

 

 

強い馬に距離は関係ないと思いますが、父の距離適性 母方の気性 を考えると、距離の不安はあると思います。

 

 

あと、皐月賞をギリギリで勝ったのも、今までのスターホースに比べて物足りないですね。

 

 

はっきり言って、切っていいと思いますが、ノーザンファームは この馬で凱旋門賞を勝ちたいと思っているでしょうから、ダービーは負けられないでしょう。

 

 

負けたら凱旋門賞は白紙でしょうからね。

 

 

 

 

私のPOG指名馬は、クラージュゲリエが出走します。

 

 

ダノンチェイサーは確実に出れて、サトノジェネシスとワールドプレミアは賞金を加算して、本来はダービーに出走できたと思いますが、3頭とも怪我をしてしまいました。

 

 

本当に悔しいですね。

 

 

たぶん サトノジェネシスは、ダービーを勝てると思います。

 

 

ダノンチェイサーは、ルメールが悪さをしなければ、出走でき 5着以内に入っていると思います。

 

 

クラージュゲリエは、良い騎手なら勝ってもおかしくないと思いますが、三浦騎手では戦意喪失です。

 

 

三浦皇成という字から、天皇即位後にGIを勝つのにふさわしい という人もいますが、まぁ ばかばかしいですね。

 

 

クラージュゲリエは、2歳で重賞を勝って 皐月賞5着は、レイデオロと似ていますし、3歳になって着実に成長していますので、馬だけ見たら勝ってもおかしくないです。

 

 

 

三浦騎手がダービーを勝てれば奇跡だと思いますので、奇跡が起きるのを願っています。

 

 

 

余談「2019〜2020 POGドラフト」

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 00:09

18日土曜日に、ペーパーオーナーゲームの来期の指名馬を決めました。

 

 

 

私の指名馬の選び方は、例年と変えました。

 

 

今まで以上に、早期入厩馬を優先しました。

 

 

ノーザンファームは、去年から 今まで以上に早期に仕上げるという方針になった感じがします。

 

 

今までのノウハウの積み重ねがあるからこそだと思います。

 

 

サートゥルナーリア グランアレグリア ダノンファンタジー などが6月にデビューして、GIを勝ち クラシックでも勝ち負け出来る状況は、早期デビューの大成功と言えると思います。

 

 

そして、初仔と新種牡馬を敬遠していたのをやめました。

 

 

トーセンゲイルとラボーナで懲りたので、手を出さないことにしていたのですが、グランアレグリアとアドマイヤジャスタのケースから、早期デビュー出来るなら問題ないのではないかと思いました。

 

 

 

指名馬は以下の通りですが、馬名は母親名で、カッコ内は性別と父親名です。

 

 

 

1位

 

リアアントニア (牝 ディープインパクト)

 

 

2位

 

タピッツフライ (牡 ディープインパクト)

 

 

3位

 

コンドコマンド (牡 ディープインパクト)

 

 

4位

 

テディーズプロミス (牡 ハーツクライ)

 

 

5位

 

アパパネ (牡 ディープインパクト)

 

 

6位

 

タイタンクイーン (牝 オルフェーヴル)

 

 

7位

 

ルージュクール (牡 ロードカナロア)

 

 

8位

 

エリドゥバビロン (牡 ジャスタウェイ)

 

 

9位

 

アディクティド(牡 キングカメハメハ)

 

 

10位

 

アロマティコ (牝 エピファネイア)

 

 

 

 

 

 

1位のリアアントニアは、1歳から良いタイムを出し 3月に入厩した馬で、牧場での絶賛から ノーザンファームの全2歳馬の中でトップ級だと思いました。

 

 

この馬に目をつけたのは くりがしらさんのブログだったのですが、血統で注目でき、しかも もう入厩してるじゃないか ということで、すぐ1位指名に決めました。

 

 

6月1週目にデビュー予定なので、去年のグランアレグリアのようになるのではないかと期待しています。

 

 

 

2位のタピッツフライは、グランアレグリアの全弟なので、続けて活躍馬は出づらいと思うので、例年なら指名はしません。

 

 

この馬も牧場で動きを絶賛され、3月に入厩しました。

 

 

ディープ産駒の牡馬で500坩幣紊△襪里睥匹い任垢諭

 

 

6月デビュー予定ですし、姉さん同様の大物感を感じました。

 

 

母親のタピッツフライは亡くなってしまったことですし、この馬もGIを勝たせてやりたいなぁ と思います。

 

 

 

3位のコンドコマンドは、私の信頼する岡田牧雄さんが馬体を絶賛していました。

 

 

この馬は初仔なので、例年なら指名しません。

 

 

初仔を指名しない理由は、体が弱い馬が多いことと、母親が繁殖牝馬として優秀か分からないからです。

 

 

 

この馬は早期デビュー予定なので、体が弱いわけではないと思いました。

 

 

そして、初仔で活躍している馬がけっこういますので、牧場での評判が良ければ、それに乗っかってみるのもいいと思いました。

 

 

しかし フォイヤーベルグのように、牡馬なのに450圓發覆で呂魯魯坤譴竜いします。

 

 

この馬は480圓△蠅泙垢里如¬簑蠅覆い隼廚い泙后

 

 

 

4位のテディーズプロミスは、キーファーズさんの所有です。

 

 

これだけ聞くと、またハズレなんでしょ?と言われそうですが、セリで買ったわけでなく、ノーザンファームから庭先取引で購入したそうです。

 

 

あくまでも私の裏読みですが、キーファーズさんは高額で買った馬が勝つのに苦労している状況なので、ノーザンファームから この馬はどうですか とお話しがあったのかなぁと思いました。

 

 

この馬は7月の中京デビューの予定が出ているのですが、ダービーを勝ったロジユニヴァースも、ノーザンファームから庭先取引で購入し 早期デビューだったので、同じように大物ではないかと期待でいっぱいです。

 

 

そんな期待感があるのですが、他の人は気づいていないだろうと思って、4巡目にしました。

 

 

 

5位のアパパネはリストに入れていましたが、指名するつもりはありませんでした。

 

 

4位までで、指名予定の3頭が取られてしまったので、まだ残っている大物感のある馬と思い、アパパネにしました。

 

 

指名するつもりがなかったのは、やはり気性が相当悪いことです。

 

 

しかし、岡田牧雄さんが馬体を絶賛していることと友道厩舎ということで、アパパネの子供から もうそろそろ大物が出てもおかしくはないと思いました。

 

 

兄のジナンボーも早期デビューでしたが、そのあと一年以上レースに出れませんでしたので、この馬は早期デビュー後に順調にレースを使えるかどうかに注目したいと思います。

 

 

 

6位のタイタンクイーンは、牧場で動きがいいということで目をつけました。

 

 

オルフェーヴル産駒は、デビュー時に480坩幣紊覆い肇瀬瓩任呂覆いと思っています。

 

 

エポカドーロ ラッキーライラック ロックディスタウン が、そのぐらいの体重があり、シンハラージャ ジャミールフエルテ は450圓阿蕕い任靴拭

 

 

この馬はPOG本では475圓任靴燭里波妙ですが、馬体の成長でこの体重を維持して欲しいと思います。

 

 

米血主体なので、オルフェーヴルに合うと思いますし、なにより気性がおとなしいのがいいですね。

 

 

気性については、オルフェーヴル産駒なので、これから先どうなるか分かりませんが、函館デビュー予定なので、気性が悪くなる前に重賞を勝ってくれれば と思います。

 

 

3歳の活躍は期待していません。

 

 

 

7位のルージュクールも牧場での動きがいいということで目をつけました。

 

 

母の血統は、ロードカナロアに合うサンデーサイレンスとブサンダが2本あります。

 

 

そして、ロードカナロア産駒の牡馬活躍馬は、早期デビューが多いと思いますので、この馬も早期デビューできると思うことから、期待できます。

 

 

 

8位のエリドゥバビロンは、Gリビエール・レーシングの所有で、去年から この馬主さんの馬を探していまして、やっといい馬を見つけられました。

 

 

Gリビエール・レーシングはあまり馴染みがないと思いますが、エタリオウとジェネラーレウーノの馬主さんで、正体は というと、森岡幸人さん 大塚亮一さん 吉田勝己さん が共同で持っている馬主さんです。

 

 

優秀なアドバイザーの方がいらっしゃるとは思いますが、やはり吉田勝己さんが加わっているとなると、乗っからない訳にはいきません。

 

 

去年は、マツリダゴッホとエイシンフラッシュ産駒だったので指名しませんでしたが、この馬はジャスタウェイ産駒で札幌デビュー予定なので、活躍してもおかしくないと思いました。

 

 

多くの人に気づかれていない馬だと思いますので、アッと言わせたいですね。

 

 

 

9位のアディクティドは、これもあまり注目されていませんが、キングカメハメハ産駒の唯一の活躍馬になるのではないかと思っています。

 

 

今年のキングカメハメハ産駒は、体が大きくない馬が多いです。

 

 

キングカメハメハ産駒は骨太なので、体重があって当然なのに450圓阿蕕い稜呂多くて、牝馬でも450坩幣紊妊妊咼紂爾任ないとダメだと思います。

 

 

この馬は500圓△蠅泙靴董■況逎妊咼紂射縦蠅任后

 

 

ノーザンファームのクラブ馬で国枝厩舎なので、最近の傾向から期待できると思います。

 

 

 

10位のアロマティコは新種牡馬のエピファネイア産駒で、例年なら指名していません。

 

 

この馬も6月デビュー予定で、去年の話しですが、早期デビューできる新種牡馬産駒にハズレはない というのを読んで半信半疑だったのですが、アドマイヤジャスタが活躍したのを見て、信じることにしました。

 

 

血統については何が合うかは分かりませんが、活躍が有力な新種牡馬のキズナはノースヒルズ色が強いので、ノーザンファームはエピファネイア産駒に活躍してもらいたいはず と思います。

 

 

ノーザンファームのセレクトセールが7月6日から始まるそうで、新種牡馬の産駒がセール中に勝つとインパクトは強いですが、6月中に勝っても十分アピールできると思うので、この馬はルメールが乗って必勝態勢で来ると思います。

 

 

初めての新種牡馬産駒の指名なので、非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

今回のドラフトは全体で1回だけの重複で、その重複はアパパネでした。

 

 

先ほど申しましたように、アパパネは気性が悪いので、外れてもあまり悔しさはなかったと思いますが、3人の抽選で私が勝てましたので、やはり嬉しかったですね。

 

 

去年は、抽選で2回とも勝ちましたし、すごくツイています。

 

 

こんなクジ運が強いわけないのですが😄

 

 

 

今回のドラフトは、何といっても リアアントニアを取れたことに尽きます。

 

 

相当な器だと思っていますので、GIを二つ勝って、来年の今頃はトップを独走していると思います😄

 

 

 

 

 

第80回オークス 予想キャンペーン結果

  • 2019.05.19 Sunday
  • 19:05

ラヴズオンリーユーが勝ちましたね。

 

 

緩いとか対戦相手のレベルが低いとか、馬には関係ないようです。

 

 

そもそも アーモンドアイも、シンザン記念までは弱い相手しか戦っていないのに、桜花賞を勝った訳ですから。

 




POGの方は、ラヴズオンリーユーを他の人が指名しているために、だいぶ差をつけられてしまいました。

 

 

ダービーを、ダノンチェイサーとクラージュゲリエのどちらかが勝ってくれないといけない状況になりました。

 

 

このオークスの結果は、非常に敗北感でいっぱいです。

 

 

 

第80回オークス 予想キャンペーン

  • 2019.05.17 Friday
  • 18:19

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、桜花賞を圧勝したグランアレグリアが出走すれば勝てるだろうに、変なローテーションです。

 

 

グランアレグリアがNHKマイルCに出なければ、ダノンチェイサーが勝っていたかもしれないですし😄

 

 

なので、グランアレグリアを出走させないまでして、ノーザンファームが勝たせたいコントラチェックを、素直に本命にしたくないですね。

 

 

でも、たぶん コントラチェックが勝つのでしょう😄

 

 




私が投票したのは、ダノンファンタジーです。

 

 

気性に問題があるようですけど、桜花賞で1番人気を裏切っているので、今度は人気に応えるのではないでしょうか。

 

 

以前も申しましたが、ダノンファンタジーはグランアレグリアにビビるのではないかと思っています。

 

 

2回戦って 2回とも圧敗して、それ以外は全部勝っていますので、グランアレグリアがいなければ強いのではないかと思います。

 

 

あと オークスは、桜花賞組が上位に来やすいので、桜花賞の1着馬がいなくて、2着馬はオークスで成績の悪いダイワメジャー産駒ですから、3着馬のクロノジェネシスが勝ってもおかしくないですね。

 

 

忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーも勝つかもしれませんが、初めての長距離輸送でどうかな と思います。

 

 

 

 

今回もレーン騎手が勝つとなると、ノーザンファームの相当な信頼を得るのではないかと思います。

 

 

将来、ルメール騎手のようになるかもしれませんね。